現代版「経営心得帳」

どのような組織風土を目指したらいいのか、を追求しているうちに伊那食品という会社に出会いました。そして伊那市にある本社を訪問、塚越寛社長のお話を伺ったり、社員の皆さんと対話をしたりしたこともあります。
塚越さんは「会社の目的は、社員の幸福な理想郷づくり」という理念のもと、創業以来47年間、連続増収増益の発展を続けています。
 (ご参考)最近の塚越さんは「増収」を「増員」と言い換えれおられます。
塚越さんが長年にわたって実践してきたことは、経営の本質、原則からみれば当たり前のことなのですが、この当り前の経営をする経営者はそれほど多くないというのが私の実感です。ですから塚越さんのような考え方で経営をしている経営者は「少数派」だと私は思います。
塚越さんの経営理念がなぜ「少数派」に属するのか。それは次のような経営理念に基づいて経営を実践しているからです。
拡大、成長、利益と言う前に、世のため人のためを考えて経営しようとする思想こそ経営者の「志」。
老舗の経営から浮かびあがる「思い」が本当のグローバルスタンダード。
商道の「本来あるべき姿」は、取引先も良し、自分の会社も良し、お客様にも良しという三方良しの状態。
末広がりの成長をつづけて永続するために急成長はマイナス。
企業の人間関係は仲間であり家族であるということから年功序列の原則を維持。
新入社員を採用するとき、会社として欲しい人材かどうか、ということではなく、その人のためになるのかどうかがまず第一。
「経営理念の金太郎飴」をめざす。根底の理念を共有して、その理念を実現する手法は個性的でありたいということ。
私たちは経営の本質や原則を松下幸之助さんの「商売心得帖」「経営心得帖」(何れもPHP研究所)などから学ぶことがあります。塚越寛社長の「いい会社をつくりましょう」は現代版の「商売心得帖」「経営心得帖」だという印象を持ちました。もちろん経営のあり方はその業界の状況、会社の歴史、規模などによって違うものですが、塚越寛社長の考え方は「本来あるべき姿」としてどの会社にも共通するものだといえるでしょう。このような教えに出会えた今、サラリーマン時代の仕事の仕方を思い出すと穴に入りたいような気分になります。
(2005年5月、人材教育誌に掲載)

 ■ トップページに戻る ■